クリスマスショッピング

クリスマスまであとわずか。
私は明日クリスマスイブの夕方5時半までお仕事です。
最近毎日もうお店は忙しいのなんのって。
みんなラストミニッツのクリスマスショッピングに追われているようです。
こちらでは1人当たりにいくつもプレゼントを贈るのが基本です。

今週は朝8時オープンで夜11時が閉店。レジは常に行列。
多くの人が手にショップリストを持ってやって来ます。
そしてホントいろいろなニーズがあります。

今日私が接客したお客さんをいくつか紹介。

男性その1
「ゾウが入った本はありませんか?」
思わず「えっ、ゾウですか?!」と答えた私。
コンピューターで「ゾウ」と検索したものの見つけきらず動物セクションにとりあえず案内。そこでゾウも入った動物図鑑のようなものは発見したもののちょっとリアルすぎるようで、もう少しかわいい感じのはないかと要求されました。そこでふと思い出した私、Nature's Babyという動物の赤ちゃんの写真集。それを紹介するとばっちりゾウの赤ちゃんも入ってて、喜んで手にとってお買い上げされました。
めでたし。

男性その2
ミステリーセクションをうろうろしていた男性。私を見つけてすぐに止めて、
「すいません、バンパイアの本を探しているんだけど。」と。
私が「それだったらホラーセクションにいくつかありますよ。本の名前はわかりますか?」と聞くとバンパイア本のシリーズなんだけど、名前も著者も覚えてない、でも著者は女性だと言うのです。女性と言えばカナダ人著者で有名なケリー・アームストロングのバンパイアシリーズ。でもそれは違うというし、それならティーンセクションにあるトワイライトシリーズのステファニー・マイヤーかなと思えばそれも違うと言うし、他にいくつかあげたけどわからず終い。結局、おうちに帰ってメモを探して来るとのことでした。

女性とその娘16歳
「誰でもいいからカナダ人著者の小説でシンプルで読みやすいものはないですか?」
カナダ人著者の小説を読むが娘さんの学校の課題なようで、読書はあまり好きではないのでシンプルなものを探していました。
カナダ人じゃない私にカナダ人のこと聞くなと思った私、とりあえずティーンセクションに連れて行って、Aから順番に探しながら私の覚えている範囲であげてなんとか選んだのでした。きっと日本人が知ってるカナダの著者なんて赤毛のアンのモンゴメリくらいでしょ?!参った、参った。

他にもいろんな人がいて、本苦手の私もなんだかんだと学んでます。
それに常連のお客さんは「やぁリカ元気?」みたいにいつも声かけてくれるのでそんな人たちに会うのも楽しみの一つ。

さ、クリスマス前最後の1日も忙しくなるのかな?!
[PR]
by chester620 | 2010-12-24 11:12 | Life 2010
<< Christmas 2010 Happy Holidays! >>