タグ:Book ( 3 ) タグの人気記事

Costcoがやって来る!

a0157245_8354070.jpg

私の職場のあるEast Point、数年前は大きな岩山でした。
それを削ってそこに新しいストリートを作り、店を作り、・・・そんな感じで少しずつ発展中。
その一角に今度はCostcoが登場。
知ってる人もいるかも知れないけど、アメリカ企業の卸売り店。そこで買い物をするためにはメンバーにならないといけませんが、食料から日常用品、あらゆるものが安く卸売りされてます。
カナダには現在約80店舗近くのCostcoがあって新しくここにできるやつはアトランティックカナダで一番規模が大きいものらしいとか。日本にも現在9店舗あるそうです。

オープンを5月27日に向けて、この週末(金曜から日曜)、ジョブフェアが行われました。
そして私も最終日の今日参加予定で昨夜は一通り、面接でこんなこと聞かれたらこう答えようとかいろいろ考えてたわけですよ。朝9時スタートだったから、一番乗りになれるようにって昨日の夜にちゃんと靴も磨いて、着て行く服も出して、マニュキアも塗りなおしてばっちり気合を入れて会場へ行きました。
そしたらびっくり!すでに駐車場は満杯。店内に入った途端目にした光景はレジメを持って待つ人の山。
結局、私はレジメを箱の中に入れて帰るだけに終わってしまいました。
関係者曰く、昨日来た人の分の面接も終わらず、これから来る人はレジメを受け取るだけだとか。
気合入れてたのになぁ~、ははは。

ジョブフェアのことはニュースでも大きく取り上げられていたけど、採用100人に対し、金曜日に来た人だけで500人を超えたとか。人気の理由は、この業種の中では一段と高い賃金、そしてベネフィット(健康保険)。私にもこのベネフィットはとっても魅力的だったのだけどな・・・面接さえしてくれるかなぁという感じでちょっと空回りでしたわ。

ちなみに今読んでるのがこの本、The Girl's Guide To The Big Bold Moves For Career Success。名前の通り、女性のキャリアサクセスガイドです!キャリアサクセスを果たしたたくさんの女性がどういう風にステップアップしていったか、本人の声とともに紹介してあったりして、そういうのにとっても勇気付けられます。もちろん、私とは次元の違うレベルでの人の話もあれば、最初パン屋さんで働いていた女性が今の仕事に至った経緯など。
私もいつも、いつか天職に巡り合えるのかなぁなんてよく考えつつ、本当に何がしたいかわからない自分がいるのが現状なんだけど、この本読んでいると、新しいチャンスには積極的に飛んで行って、与えられた情況・環境の中でベストを尽くすことの大切さがよくわかります。そこで、自分を知ったり・気付きがあったりするから。そして無駄な経験なんて何もないから。
この本を読み出した頃、著者のウェブサイトにいって、彼女もTwitterをやっているようだったから、フォローすることにしたんです。そしたらその後、彼女が私のTwitterをフォローしてくれるようになりました。数回メッセージももらって、私を後押ししてくれる強い味方がいると思うだけで、とってもいい気持ちになります!


さてさて、日曜日に早起きしたのに、予定なしに。
でもオフで予定なしの、しかも晴れの日は朝からとっても得した気分になれます。

Licca's Photos→Life Style

More
[PR]
by chester620 | 2010-03-08 07:54 | Life 2010

How to Sew a Button☆グランマの知恵袋

a0157245_7141540.jpg

こんなかわいいカバーの本を買いました。

タイトルはHow to Sew a Button
And other nifty things your grandmother knew

いわゆるおばあちゃんの知恵袋的な本で、タイトルのボタンのつけ方はもちろん、
1.Cooking
2.Gardening
3.Cleaning
4.Dressing
5.Nesting
6.Thriving
7.Loving
8.Saving
9.Joining
10.Entertaining
のカテゴリで日常生活における工夫のしかた、節約のこと、シンプルライフのことなどが書かれています。
まだ読み始めたばかりだけど、早速参考になるものばかり。
実際この本の作成にあたって10人のおばあちゃんが協力し、その知識・知恵を提供されています。
私も将来そんなステキなおばあちゃんになるために今から正しく賢い知恵を身につけようと思ってます。
これはすごいという知恵に出会ったらまた紹介します!

日頃からかわいいおばあちゃんを見かける度に反応して、デレックにまだおばあちゃんになるのは早いだろって突っ込まれるけど、妙におばあちゃんに憧れのある私。
自分がおばあちゃんになった時に、若い人たちにあんな風に歳を重ねられたらステキよねって思われる人になりたいな。

さて、そんなハッピーな老後を送るために?Tax-Free Saving Accountというのを作ってきました。
こちらの銀行でカードを作ると一般的にCheckingSavingがあってCheckingが当座預金、Savingが日本の普通預金に相当します。
カード社会の北米、多くのお買い物の支払いがクレジット、またはこれらの銀行カード(デビットカード)となるわけですが、デビットの場合Checkingからお金を支払います。

一般にSavingは貯蓄が目的。そしてこのSavingには利子がつくのですが、利子に税金(Tax)がかかるのです。まぁ何でもかんでも税金をかけてくれますねぇ。

そこにTax-Free Savingがスタートしました。税金のかからない預金口座。
実際のカナダ政府の目的はわかりませんが、あなたがお金を貯めるのを応援します!ということらしいです。
この口座の仕組み。
☆1年に5000ドルまでの預金に税金がかからない。
☆2年目に新たに5000ドル税なしで預金OK。
☆例えば1年目、3000ドルしか預金しなかったら、次の年は7000ドルまで預金OK。
☆Interest(利子)で増えた額は税金の対象にならない。
☆例えば1年目5000ドル預金して3000ドル引き出した。その同じ年3000ドルを再び預金した。そうすると8000ドル預金したことになる。ポイントはいくら預金したか。引き出しは関係ない。

これだけ抑えてボチボチ預金です。
今年はこの制度がスタートして2年目なので1万ドルまで預金OK!!

ふーむ、これを30年やったら60歳のリカおばあちゃんは
5,000ドル×30年=150,000ドル
これで100歳までいけるのかしら??

かわいいおばあちゃんになりたいわぁ~。

Licca's Photos→Life Style
[PR]
by chester620 | 2010-01-19 07:15 | Life 2010

Thrifty Living

Our house is coming together...home sweet home
a0157245_9225243.jpg

なぜだかわかりませんが最近気になる単語、「Thrifty(倹約な)」
きっとこれも意味があるのよね。
ネットをしててもよく目につくし、職場で昨日今日とこのタイトルのついた本が目に入ってきたり。

今年はね、デレックとしっかりチームを組んで家計管理に取り組む予定で、すべてのレシートはすべてレシートボックスへ、そしてレシートたちの明細は私が家計簿につけるという感じで進んでいます。
お金の流れを把握するのと共に、今年はしっかり貯蓄もしたい!

日本で社会に出て以来、私がずっと実践してるのが「なかったつもり貯金」。
カナダ社会の仲間入りした今も、わずかな給料の中だけど実践中です。
まず給料日から次の給料日までの生活費を設定。
そして給料日を頂いた日、すぐ設定した生活費を差し引いた額はSaving(貯金)にまわします。
その貯金は何があっても手をつけないが決まり。

もちろん貯金の癖があっていいことなんだけど、給料前に生活費がやばいわって追い詰められることもあるわけですよ(笑)
なので生活費をどう使うか、欲しいものと必要なもののバランス、賢いショッピング、などなど知識を得て実践してみたらストレスも軽減するし、物に対する見方も変わるんじゃないかなと思ってね。

そんなわけで今日の仕事の休憩時間にこれらの本を手にとってささぁっと目を通して見ました。
ThriftyThe Thrift Book。どちらもいろいろなオケージョン(おうち・ショッピングなど)を通しての倹約方法が書かれてます。そしてHow to Swe a Buttonはおばあちゃんの知恵袋的本のよう。このクリスマスにお店で40ドルのギフトカードをもらったからもうちょっと目を通して一番気に入ったのを買ってみようかな。


そうそう、写真はダイニングルーム。ついにダイニングからデッキに向かう窓にカーテンが設置されました!
おいおい、このうちでの生活も1年以上というのにね。
カーテンもカーテンロッドも意外と高いからずっと保留になってた場所。
カーテンロッドは60%オフで15ドル、コーデュロイのカーテンは40ドルがセールで1つ10ドル。
合計35ドル。値段にも見た目にも大満足の一角になりました♪
まさにこれぞ倹約生活!

Licca's Photo→Living/Dining Room
[PR]
by chester620 | 2010-01-06 09:23 | Home Sweet Home