タグ:Life Style ( 43 ) タグの人気記事

Christmas 2010

a0157245_68245.jpg

メリークリスマス!!
きれいな青空が広がる冬晴れの25日、チェスターに顔をペロペロ攻めにされて目を覚ましました。
ここのところ雪が降っては雨が降りを繰り返し、雪なしの今年のクリスマス。

日本ではクリスマスはどちらかと言えばイブがメインだけど、やっぱりこちらは25日です。
街中賑わう日本と違ってクリスマスはほとんどの店が閉まって街中はしーんと静まりかえってます。

いつもなら私たちはプリンスエドワード島にいるデレックのお姉ちゃんファミリーのところにみんな集合して一緒にクリスマスを過ごすのですが、今年も去年に続きデレックはお仕事。
事前にみんなのクリスマスプレゼントを送っているので、きっと今日の朝みんな早起きしてクリスマスプレゼントを開けたことでしょう。
数年前集まったときは子供たちに朝7時には起こされプレゼントあけがスタートをしたのを覚えています。なんせ、みんな集合しないとスタートできません。

さて私たちは待ちきれず昨日イブの夜に家族から頂いたプレゼントを開けることにしました。そしてチェスターにもプレゼント。去年同様、私たちの間ではプレゼント交換はせず、お互いチェスターにだけプレゼントを買うと話していました。そして全部プレゼントを開け終わったあと、デレック手作りのとってもステキなビデオクリップを見せられた私、デレックからではなくサンタさんからということで、私が欲しかったウインタージャケットをもらいました。とっておきのサプライズでした。このビデオ永久保存です♪またアップデートしますね。

そして今日25日は朝7時からデレックはお仕事。
でもクリスマスにお仕事する彼には去年と同様職場からデルタホテルのクリスマスディナーがプレゼント、おまけに私まで招待してもらって、お昼2時に彼と職場で待ち合わせをしてホテルまで行きゆっくりディナーを楽しんできました。ディナー内容は事前に選んだ私はシーザーサラダ、シーフードチャウダー、プライムリブ、デザートにはシェフのチョコレートサンプルをチョイスしておなかいっぱい味わいました。そして今夜のご飯は持ち帰ったその残りものになる予定です。(こちらじゃ、食べ切れなかった分箱詰めしてもらえます。)

みなさんも楽しいクリスマスは過ごせましたか??
私は明日の26日ボクシングデーと27日もお休み。おうちでゆっくりします。
そして年末デレックの両親に会いに行き、友達らと年越しの予定です。
a0157245_684926.jpg

↑今年の我が家のクリスマス♪
[PR]
by chester620 | 2010-12-26 06:08 | Life 2010

クリスマスショッピング

クリスマスまであとわずか。
私は明日クリスマスイブの夕方5時半までお仕事です。
最近毎日もうお店は忙しいのなんのって。
みんなラストミニッツのクリスマスショッピングに追われているようです。
こちらでは1人当たりにいくつもプレゼントを贈るのが基本です。

今週は朝8時オープンで夜11時が閉店。レジは常に行列。
多くの人が手にショップリストを持ってやって来ます。
そしてホントいろいろなニーズがあります。

今日私が接客したお客さんをいくつか紹介。

男性その1
「ゾウが入った本はありませんか?」
思わず「えっ、ゾウですか?!」と答えた私。
コンピューターで「ゾウ」と検索したものの見つけきらず動物セクションにとりあえず案内。そこでゾウも入った動物図鑑のようなものは発見したもののちょっとリアルすぎるようで、もう少しかわいい感じのはないかと要求されました。そこでふと思い出した私、Nature's Babyという動物の赤ちゃんの写真集。それを紹介するとばっちりゾウの赤ちゃんも入ってて、喜んで手にとってお買い上げされました。
めでたし。

男性その2
ミステリーセクションをうろうろしていた男性。私を見つけてすぐに止めて、
「すいません、バンパイアの本を探しているんだけど。」と。
私が「それだったらホラーセクションにいくつかありますよ。本の名前はわかりますか?」と聞くとバンパイア本のシリーズなんだけど、名前も著者も覚えてない、でも著者は女性だと言うのです。女性と言えばカナダ人著者で有名なケリー・アームストロングのバンパイアシリーズ。でもそれは違うというし、それならティーンセクションにあるトワイライトシリーズのステファニー・マイヤーかなと思えばそれも違うと言うし、他にいくつかあげたけどわからず終い。結局、おうちに帰ってメモを探して来るとのことでした。

女性とその娘16歳
「誰でもいいからカナダ人著者の小説でシンプルで読みやすいものはないですか?」
カナダ人著者の小説を読むが娘さんの学校の課題なようで、読書はあまり好きではないのでシンプルなものを探していました。
カナダ人じゃない私にカナダ人のこと聞くなと思った私、とりあえずティーンセクションに連れて行って、Aから順番に探しながら私の覚えている範囲であげてなんとか選んだのでした。きっと日本人が知ってるカナダの著者なんて赤毛のアンのモンゴメリくらいでしょ?!参った、参った。

他にもいろんな人がいて、本苦手の私もなんだかんだと学んでます。
それに常連のお客さんは「やぁリカ元気?」みたいにいつも声かけてくれるのでそんな人たちに会うのも楽しみの一つ。

さ、クリスマス前最後の1日も忙しくなるのかな?!
[PR]
by chester620 | 2010-12-24 11:12 | Life 2010

Happy Holidays!

a0157245_11492735.jpg

Licca's Photos→Christmas2010
[PR]
by chester620 | 2010-12-20 11:49 | Life 2010

怒涛の11月

a0157245_7441766.jpg

お久しぶりです。
あっという間に11月も終わり。怒涛の1ヶ月でした。

11月はあちこちでクリスマスクラフトショーが行われます。
今年は私、5つのショーに参加。11月最初の週末から始まって、今週末でやっと終わります。
週末金・土・日がクラフトショー、そして月曜には仕事に戻るという生活で休みはゼロ。好きなことをやってるから精神的にはとっても充実しているけど、さすがに肉体的に疲労がかなりたまってます。

1週目はフォレストヒルスクールっていう小学校でのショー。
規模が小さいからこの地域の人がお買い物にやって来るというようなこじんまりとしたもの。
思った以上の成果が出せて順調な出だしを切り出しました。

2週目はブランズウィックスクエアっていうビジネスモールでのショー。
これは過去3回ぐらいやったのだけど、かなりのリピーターが戻って来てくれて大成功。

3週目は去年に続きハーバーステーションという大きなアリーナでのショー。
セントジョンで一番大きなショーで、出展料も高いからクラフト仲間のキャロルと場所を半分にわけてやりました。今年はなんと私の目の前もかぎ編み帽子をメインで売ってて最初心配したけれど、全く影響もなく、これまた多くのリピーターがやって来てくれこちらも成功。

そして4週目はお隣の町、モンクトンのコロシアムで行われたショー。
アトランティックカナダで一番大きなショー。こちらは初めての参加。そしてこれもクラフト仲間のキャロルと参加(写真)。さすがアトランティックカナダで一番大きいショーとあって、みんなプロみたいで、実際お店を持っている人もいるし、ディスプレイもすごいから、わくわく感と同時に自分の作品がどこまで通用するから不安も持ちつつのスタート。
この地域の人ってフランス語が第一言語って多くて、しかもこれより北にいけばフランス語しか話せない人もいて、多少コミュニケーションの面で障害を感じた場面もありました。でもフランス語を話すキャロルに助けてもらってなんとかクリア。
そして2日目は1日のが売り上げが今までやって来た中でベストを更新。これが本当に大きな自信になりました。あとは何より、いろんな人に会って新しいネットワークが広がったこと、他のお店からインスピレーションを受けたこと、学んだことがいっぱいで本当に本当にやってよかったと思ったのでした。もちろん自分自身のショッピングも楽しめました!!(買ったものはまたあとで紹介します)
このショーのあとはデレックとステーキレストランでお祝い♪

そして今週末は最後のショー、セントジョンハイスクールでのショー。
あ~~~~、これでやっと終わり~~~~。

a0157245_7443089.jpg


☆お知らせ☆
来年の春、日本に帰ります!!ヤッホー!!
[PR]
by chester620 | 2010-12-01 07:44 | Life 2010

Back to Work

a0157245_2375744.jpg

今日から本屋さんへ職場復帰しました。クルーズ船に集中するため約2ヶ月ちょいお休みをもらっていました。また朝5時起き、6時出勤です。今はまぁいいとして真冬になったら雪かきやらあって大変になるだろうなぁ・・・。
そしてすでに先週末からクリスマスクラフトショーもスタート。毎週末のように参加して12月はじめまで続きます。来年日本に帰国するためにも稼ぎます!!

さてクルーズ船は10月末で今年もすべて終了。とってもいいシーズンになりました。
このシーズンだけは、こんな小さな町も活気を帯びて賑やかになり、とおりにはたくさんの人、そして観光馬車やイギリスからやってきたピンク色の2階建てバスもあちこちで走っていました。このピンク色は乳がん啓発のシンボルで乗車料金の一部が乳がん基金にあてられるようです。そして今年はこの生きた銅像も登場。最終日に、デレックとチェスターと一緒にその銅像に近づいてみました。
a0157245_238835.jpg

人間慣れしてるチェスターもこれは何か違うものを感じたのかちょっと警戒して、恐る恐る近づいていき、彼の匂いをかいで何かを確かめているようでした(笑)
a0157245_2381918.jpg

あぁまたこれから冬がやってきます。10月末に初雪、そして今週は大雨続き。気温が再びあがってまた暖房を切ったところですが、これから少しずつ本格的な冬に近づいていくのかな。
ちなみに昨日日本語でいうサマータイムが終わり、セントジョンと日本の時差は12時間から13時間になりました。
[PR]
by chester620 | 2010-11-09 02:38 | Life 2010

誕生日

a0157245_11202158.jpg

11月1日は私の31回目の誕生日でした。
歳をとっていくのはあんまりいい気はしないけど、やっぱり誕生日っていいもの。
そして誕生月も好き。

この日はデレック君、昼12から夜12時というシフトだったのですが、仕事に行く直前に誕生日プレゼントとしてコートをプレゼントしてくれました。
そして誕生日を過ぎて、11月3日のこと。
普通にソファーで編み物をしてたところに、誕生日の歌を歌いながら現れたデレック、ケーキだと思えば、いやただのケーキじゃありません!!ジャックラッセルが描かれた巨大アイスケーキ。それにキャンドルが31本。私すっごく興奮して、キャンドル消す前に写真とばかりに、ケーキの写真をいっぱい撮り、一吹きで思い切りキャンドルの火を消しました。
こんなケーキ初めてで何より感動した私でした。

ケーキは注文したお店に、ジャックラッセルの顔を描いてくださいとお願いしたらしく、お店の人がインターネットでジャックラッセルの顔をチェックして描いてくれたのだとか。上出来!!しかも小さいサイズを注文してたのに、お店の人が間違えて大きなケーキで作ったらしく、私たちはこれからこのケーキを1ヶ月ほどかけて食べることになりそうです。

こんなサプライズがあって、31歳とってもいいスタートがきれた私です。
いつも私を支えてくれるデレックとチェスターに感謝!!

More
[PR]
by chester620 | 2010-11-05 11:31 | Life 2010

日本人

a0157245_8465620.jpg

今日はクルーズ船が3隻、1万人ちょいの観光客がセントジョンを訪れました。
いつものようにお店を出した私ですが、今日は本当にたくさんの日本人に会いました。
阪急ツアーとかって言ってたかな、それのツアーらしく、日本全国から集まった200人でやって来たそうです。成田からニューヨークへは飛行機、そして10日間のクルーズだそうです。

もうかなりいろんな国の人を見てきたけど、やっぱり日本人は最高です。
マナーはいいし、優しいし。
東京の人、大阪のおばちゃんたち、神戸の人、福岡の人とお話しました。
(大阪のおばちゃんたちはいかにも典型的な大阪のおばちゃんって感じで面白かったです。)

そうそう、数日前にも20人ぐらいの団体さんを見えて、あれ日本人かなぁ、ツアーガイドさんの手の動きといい、頭を丁寧にさげるところといい何か日本人ぽいなぁと思いながら見てたらやっぱり日本人でした。

そんな私は今他のクラフトメンバーに日本人の見分け方を説明中。
よく遠くに見えたアジア人を見つけては、「あの人何人だと思う?クイズ」みたいなのをみんなでやってます。

みなさんもセントジョンまでやって来ませんか??
すっごい遠いけどね、ツアーだと英語できなくても迷わず安心して来れるしね。
[PR]
by chester620 | 2010-10-13 09:10 | Life 2010

秋晴れ続く10月

今年の9月は雨ばかりでクルーズ船のビジネスもいまいち。
そして10月に入ってからは最高の秋晴れ。
今週はほぼ毎日クルーズ船。連続であるとさすがに私もくたくたで、毎日夜はスーパーのお惣菜。
今夜はどうしようかなぁと思いながら、隣のキャロルに、
「今日はなんとなくロブスターの気分なんだけど、シーズン的に高いと思う?」と尋ねたら、
「高いかもねぇ。でもリカ、たった一度の人生よ!それに今日も一日頑張って働いたんだから自分にご褒美しなきゃだめよ。」と。

なので、今日も帰りにスーパーへ直行、ロブスター2匹購入、22ドル。
デレックと1匹ずつ平らげました♪

今年もビジネスはおかげさまで絶好調。
a0157245_9583781.jpg

世界中あちこちからやってくるクルーズ船の観光客、アメリカ・ヨーロッパがメインだけど、昨日はオーストラリアからのお客さんもありました。
この写真の帽子はイングランドへ。数週間前にクルーズ船でやってきたお客さんで、その時は娘さんへのお土産として帽子を買ってくれたのだけど、自分のも欲しくなったらしくオンラインショップからオーダーしてくれました。

a0157245_9575033.jpg

そしてこちらはアメリカからのお客さん。帽子がお似合い♪ お世辞でもなく本当に可愛いから、「すっごくかわいいね」って言うと、彼女の彼もとっても誇らしげに、「そうでしょ?!可愛いんだよ。」って言ってました。

a0157245_958519.jpg

こちらはネックウォーマーを買ってくれたお客さん。とっても気に入ってくれて、「今日はこれをつけて観光するわ」と言ってくれました。

こんな感じで、くたくただけど、とーっても楽しんでます。
チェスターも毎日早起きさせられて布団から出るのも迷惑そうだけど、私のヘルパーとして頑張ってくれてます。
[PR]
by chester620 | 2010-10-06 09:59 | Life 2010

プリンスエドワード島

9月はもっとブログを更新するぞと思いきや、もう9月も終わり。
忙しくも充実の毎日です。
今年はクルーズ船が終わってから3つ大きなクラフトショーに参加するので、必死に働いております。

さて、延ばしにも延ばし続けたプリンスエドワード島でのお話です。
a0157245_9231248.jpg

こちらは赤毛のアンで有名なプリンスエドワード島のキャヴェンディッシュという町。
真ん中の写真がアンのおうち。もちろん話はフィクションなのでおうちも架空のものなのですが、おうちの中まで入って見学ができます。日本人にはおなじみの赤毛のアン、おそらく日本からやってきたんだろうなと思われる観光客がたくさんいました。私がここに来たのは2回目。初めて来た時は11月の観光シーズンも過ぎた時はあたりにはほとんど人がいなかったし、これまた寒くてあまり楽しめた思い出がなかったのだけど、今回8月にやってきてびっくり!!たくさんの観光客で賑わって、町にとっても活気があって、いろんなショップや遊園地みたいなところで楽しむこともできました。
さて、その夜、みんなでおうちに戻って来て、今夜は何の映画を観ようかという話になりました。そしたらおチビちゃんのイースンが「ボク赤毛のアン持ってるよ、これ観ない?」と提案、満場一致でみんなで赤毛のアンを見ることになりました。実は私、恥ずかしながらも赤毛のアンって観たことない。そんなわけで興味津々で観始めたらこれがすっかりはまっちゃって、次の日の朝にはイースンと2人でパート2を見たのでした。もちろん、あとから職場で赤毛のアンの本も買いました。
あと キャヴェンディッシュではワックス博物館に行ったり、ビーチに行って楽しみました。
a0157245_9233013.jpg

そしてこちらはヴィクトリアという町。お姉ちゃんちから車で約15分のところにあるちっちゃくてかわいい町。こんなかわいい町があっただなんて、お姉ちゃん早く言ってよ!ってくらいかわいいところ。本当に小さい小さい町だけど、そこに密集してカラフルな建物が並び、ショップだったり、ギャラリー、カフェ、レストラン、コテージがあったりしてとっても満喫できました。ここは私の新しいお気に入りの場所。
たまたまモントリオールからやって来ていた日本人とカナダ人夫妻と出会ってここで楽しいトークを楽しむこともできました。

さて今度はいつ行けるかなぁ~。
いつか日本から家族とか友達が来たら、一緒に行きたいなー、なんて夢みてます。

そんなわけでプリンスエドワード島でのお話でした。
これがこの夏私の一番の思い出♪
[PR]
by chester620 | 2010-09-28 09:24 | Life 2010

青い空、赤い土

a0157245_011409.jpg

再び話はプリンスエドワード島のことへ。
もう1ヶ月前のことなのだけど、私たちが行った時は本当に天気も最高で毎日さわやかなブルースカイ。
今日紹介するのはその青い空と赤い土で知られるプリンスエドワード島ならではのカラーについて。

滞在期間、赤毛のアンで知られるキャンベンディッシュのキャベンディッシュビーチを始め、3つのビーチに行きました。みんなでビーチを歩きながら海のクリエイチャーを探したり、チェスターはこのとき初めて海水(アトランティックオーシャン)で泳いだり。このとき見つけたビーチグラスや、きれいな小石、海草、スターフィッシュが私のお土産。

そして私たちはプリンスエドワード島をはじめとしてあるプロジェクトをスタートすることにしました。
それはビーチの砂のサンプルを集めること。
プリンスエドワード島って赤土で知られているから、畑も赤いし、舗装してない道も赤、そしてビーチの砂も赤。そんな砂をちょっと取ってお持ち帰り。(今それをどうコレクション化するか検討中なの。)

空は一面の青。デレックのお姉ちゃんファミリーの住むところは私たちの住むNB州から長いコンフェデレーションブリッジを渡ってすぐのオーガスティンコーブというところ。あたりは小麦畑に、とうもろこし畑、じゃがいも畑と広々としたフィールドが続く静かな場所で、空気もさわやか。夜は空を見上げると一面に星が輝いてただこの場所にいるだけで心と体のリフレッシュになりました。

とってもいいとこ、PEI。


Licca's Photos→Prince Edward Island
[PR]
by chester620 | 2010-09-11 00:12 | Life 2010